[PR]

 少女を車内に監禁したとして、群馬県警が私立学校教員内田慎也容疑者(27)=同県高崎市寺尾町=を監禁容疑で逮捕した事件で、容疑者は中学2年の少女の学級担任であることが学校への取材で分かった。

 捜査1課によると、内田容疑者の逮捕容疑は、高崎市寺尾町の山林で25日午後4時半ごろ、停車中の乗用車内に少女を監禁したというもの。「間違いない」と容疑を認めている。

 少女の母から25日午後1時ごろ、「留守番中の娘が家にいない。室内が荒らされている」と110番通報があった。防犯カメラの映像などから容疑者の車を特定。山林内で見つけた車の後部座席に容疑者と少女がいたため、捜査員が窓ガラスを割ってドアを開け、少女を保護した。内田容疑者は包丁を自分の腹に突きつけたが、捜査員が取り押さえたという。

 少女の自宅は家具が倒れるなど争った跡があり、県警は容疑者が無理やり連れ出したとみている。捜査関係者によると、少女は首に圧迫痕や両目に出血があったことから、首を絞められた可能性もあるという。県警は、容疑を住居侵入や監禁致傷などに切り替え、27日に送検する方針。

 内田容疑者が勤務する県西部の学校によると、容疑者は2016年に採用された数学の専任講師。25日は期末試験があり、生徒たちは午後には帰宅していた。内田容疑者は休みを取っていたという。