「お前は何様かと」 小4虐待死、娘かばう母に別の顔

[PR]

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(当時10)が虐待死したとされる事件で、傷害幇助(ほうじょ)罪に問われた母親のなぎさ被告(32)に対し、千葉地裁(小池健治裁判長)は26日、懲役2年6カ月保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役2年)を言い渡した。

 助けを求めても大人たちに見過ごされ、親から虐待され続けた末に亡くなったとされる心愛さん。なぜ、事件は起き、幼い命を救えなかったのか。県警、千葉地検、県、県柏児童相談所、野田市などへの取材や、裁判での証言などをもとに、事件の全容に迫る。

 つい3日ほど前から、インフルエンザで休んでいるはずの同僚が、娘への傷害容疑で逮捕された――。

 連日、新聞やネットで事件が大きく報じられていた。東京・有楽町の栗原勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=の職場では、仕事が手に付かない人もいた。

 無断欠勤は一度もなく、沖縄…

この記事は有料会員記事です。残り1629文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

小さないのちを守るために 虐待の連鎖を防ぐ

小さないのちを守るために 虐待の連鎖を防ぐ

虐待する親は自分も被害者でした・・・虐待の連鎖を考えます[記事一覧へ]