[PR]

 作家の村上春樹さんが26日夜、都内で行われたライブイベントに出演した。自身がDJを務めるラジオの特別番組「村上RADIO」の公開収録で、ジャズピアニストの大西順子さんらと共演し、自作の朗読を披露した。村上さんが国内の音楽イベントに姿を見せるのはとても珍しい。

 村上さんが総合プロデュース、親交の深い大西さんが音楽監督となり、村上作品の世界観を音楽と言葉で表現した。村上さんはレコードがデザインされたTシャツとジャケットで登場。開演時に「僕もこういうのは初めてなので、結構緊張しています。素敵な夜になると思います」と会場に話しかけた。

 サックス奏者の渡辺貞夫さんや歌手のスガシカオさんが演奏したほか、村上さんは短編「天井裏」を、俳優の高橋一生さんが「蛍」を朗読した。村上さんは、演奏の合間に曲紹介のほか、かつてジャズバーを経営していた頃の思い出や出演したミュージシャンとの出会いなどを笑顔を見せながら和やかに語った。

 ライブは、村上さんの作家デビュー40周年を記念して「村上JAM」と銘打って開催された。ネットとはがきで1万2千通の応募があり、抽選で選ばれた150人が観覧した。ライブの模様はTOKYO FM(全国38局ネット)で8月25日と9月1日、ともに午後7時から放送予定。(中村真理子)