[PR]

 中間・期末試験といった定期テストをやめる公立中学が出てきている。東京都では、昨春全廃した千代田区立麴町中学校に続き、世田谷区立桜丘中学校も今春から全廃を決めた。やめるとどうなるのか。改革途上の桜丘中を訪ねた。

 朝8時すぎ。桜丘中の3年生の教室に、次々と生徒が登校し、机の上にノートや問題集を広げて勉強を始める。汗をにじませ入ってきた子は「教えて、ヤバイ! これわかんない」と友達にノートを見せる。

 8時25分すぎ、担任が全員にテスト問題を配布した。朝の20分間の「積み重ねテスト」だ。この日は数学で、B4判1枚に五つの大問の20余の小問が並ぶ。

 同校では、今春から中間・期末などの定期テストを全校で廃止した。以前から校則や授業時間のチャイムもなくし、教室に入りにくい子には職員室の廊下に勉強できる場を設け、読み書きの苦手な子にはタブレット端末の使用を認めるなど、子どもに合わせた柔軟な教育に挑戦してきた。今年度の新たな改革は、定期テスト廃止と、遅刻をカウントしないこと。

 「生徒にとっても教師にとって…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら