[PR]

 7月1日の富士山開きを前に、吉田口登山道の山小屋が準備に追われている。

 8合目の白雲荘(標高3200メートル)は早朝から布団干しにおおわらわ。アルバイト6人が900枚を干してはたたみ、屋根の砂利除去やトイレの点検も急ぐ。12年目の渡辺さくらこさん(43)は「顔なじみのお客さんと再会するのが楽しみ」。

 今年は山頂直下で斜面が崩れ、登山道が岩に覆われているため、山開きの日は山頂まで登れない。女将(おかみ)の山本美子さん(71)は「予約は低調。早く復旧してほしい」と願う。(河合博司)