[PR]

 主要20カ国・地域(G20)首脳会議で各国の代表団が来日するのに伴い、大阪府警は27日午前6時から、阪神高速の10路線でほぼ一斉に通行規制を始めた。環状線や守口線、大阪港線が全線で通行止めになったほか、ほかの路線も大幅に通行が制限される。

 各国の首脳らは27~28日にかけて、空路で続々と来日し、関西空港などに降り立つ予定。空港から大阪市内の滞在先のホテルや会合場所へ移動するのに伴い、警備上の理由から、大がかりな交通規制が実施された。

 首脳らの移動の状況によっては、名神高速道路や近畿道などほかの高速道も規制される可能性がある。

 阪神高速では27日午後10時まで規制が続き、28日以降も首脳らが大阪を離れる30日までは、早朝から深夜まで大規模な規制が続く見通し。

 首脳らが滞在するホテル周辺や主会場となる大阪市住之江区の国際展示場周辺の9エリアでは、首脳らの移動に伴って、一般道も断続的に通行が規制され、車やバイクが通れなくなる見通し。首脳らの関空利用に合わせ、関西空港連絡橋も一時的に通行止めとなる。

 物流への影響は必至で、佐川急便は27~30日、大阪市内あての荷物の日時指定を受け付けない。ヤマト運輸も27日~7月2日、大阪府と兵庫県の一部で同様の対応を取る。日本郵便は27~30日、近畿地方を発着する郵便物や「ゆうパック」などに1~2日程度の遅れが出ると見込む。

 交通規制の詳細は大阪府警のホームページ(https://www.police.pref.osaka.lg.jp/topics/G20/7402.html別ウインドウで開きます)で確認できる。