[PR]

 高校野球の京都大会の出場校のうち、連合チームは一つだ。選手7人の朱雀(中京区)、8人の農芸(南丹市)、5人の京都教育大付属(伏見区)が同じチームになる。ユニホームはばらばらだが、気持ちはまとまってきた。

 「大会出たいんやったら、部員が集まるようなことせえよ」。農芸のミーティングで昨年6月、赴任したばかりの浜辺航(わたる)監督(29)が語りかけた。部員数はわずか2人。3年生も1年生もいない。2年生だった主将の川崎博満(ひろま)君(17)と、成田一也君(17)だけが残っていた。

 「野球やらへん?」。川崎君は入学してすぐ、4人部屋の寮で同室だった成田君を誘った。農芸の男子は最初の1年間、寮生活を送る。2人は1年の夏まで同じ部屋だった。

 部員集めは川崎君が担当した。学年は問わない。寮と学校で、片っ端から声をかけた。「今やったら即戦力で試合に出られる。野球に興味ないか?」。だが、返事はつれなかった。「週末の練習に出られないから」「丸刈りは嫌」。だれも集まらなかった。

 昨春の府大会まで連合を組んでいた向陽(向日市)、西乙訓(長岡京市)は選手がそろい、昨夏はそれぞれ単独で出ることになった。出場辞退を決めた。

 昨夏の京都大会で、川崎君と成田君は開会式の来賓受付を務めた。大会に参加できない農芸を、京都府高校野球連盟が気にかけての対応だった。

 開会式は見られないが、「ワー」という歓声と拍手の音が聞こえてきた。川崎君は「来年は出たいと心から思った」と振り返る。

 主将になったのは1年の3月。1年生は自らを含め4人いたが、うち2人は夏の大会が終わると練習に来なくなった。先輩はだれもいない。高校から野球を始めた成田君に、いきなりのまとめ役は背負わせられない。自分が主将を引き受けるしかなかった。

 夏休み中の練習は1人きり。グラウンドでしゃべる相手もいない。部室で1人おにぎりをほおばる。ひたすら寂しい。携帯アプリでブラスバンドの演奏を聴いて応援席のざわつきを思い浮かべ、気分を紛らわせていた。

 キャッチボールの相手は当時の監督だった。「なんで1人なんやろ。チームスポーツなのに。1人だとつまらん」と思い詰め、野球部がにぎわっている高校への転校も考えた。でも、練習につき合ってくれる監督を裏切れないし、途中で投げ出したくはなかった。

 当時の監督は園部(南丹市)の岩井将(まさる)教諭(30)。川崎君が悲しそうな顔をしているのを見ていた。「寂しかったと思うが、一度も弱音をはくことはなかった」と振り返る。

 3年生になった。最後の夏を前に、今年こそ仲間がほしい。「一緒に101回大会の入場行進で歩こう!」。新入生への部活紹介のとき、他の部はマイクでアピールしたが、川崎君は地声で思いを伝えた。2年生1人が1月、1年生5人が4月に加わり、部員は8人になった。

 朱雀と京教大付と連合を組んだのは昨秋から。南陽(木津川市)も一緒だったが、今大会は単独で出場することになった。

 3校の距離は離れている。とくに農芸と京教大付は直線でも約30キロある。合同練習ができるのは週末のみ。4月以降、集まれたのは練習試合を含め10回だけだが、息は合ってきた。

 京都明徳との初戦は13日、宇治市の太陽が丘球場である。川崎君や成田君は、今年新調した農芸のユニホームに袖を通す。大会ごとに主将、監督、部長、流れる校歌、掲げる旗は各校で回している。今大会は主将や監督、校歌はいずれも朱雀の番。部長は農芸から、風に揺れる旗も農芸のものだ。(高井里佳子)