[PR]

 九州の南を北上する熱帯低気圧の影響で27日、西日本の各地で大雨になっている。熱帯低気圧は27日夜までに台風に発達する見込みで、北東方面に進み、28日昼ごろにかけて九州から東北の広い範囲で大雨となるおそれがある。四国から関東の太平洋側に上陸する可能性もあり、気象庁は土砂災害や河川の増水などへの警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、台風となり日本に接近・上陸すれば今年初めてとなる。熱帯低気圧の影響で南から湿った空気が流れ込み、九州や四国、中国、近畿で大雨をもたらしている。東日本では27日午後から28日昼ごろにかけて激しい雨が予想され、強風や落雷のおそれもあるという。

 28日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で四国250ミリ▽東海、近畿200ミリ▽九州南部130ミリ▽東北、関東甲信、九州北部120ミリ▽北陸、中国100ミリ。