[PR]

 群馬県高崎市内で25日、中学2年の少女が乗用車内に監禁された事件で、現行犯逮捕された私立学校教員内田慎也容疑者(27)=同県高崎市寺尾町=が「少女に好意があった」と話していることが、捜査関係者への取材でわかった。内田容疑者は少女の学級担任。県警は27日、内田容疑者をわいせつ目的略取と監禁致傷、住居侵入の疑いで送検した。

 捜査関係者によると、内田容疑者は通信販売などで入手した包丁やスタンガンなど多数の凶器をあらかじめ用意した上、担任の立場を利用して少女の家族の勤務状況などを把握。期末試験を午前中に終えて帰宅した少女しかいない時間帯を狙ったとして、犯行には計画性があったとみているという。

 捜査1課によると、内田容疑者は25日午後4時半ごろ、自宅近くの山林内にとめた車内に、県西部に住む少女を監禁した疑いがある。少女は靴を履いておらず、少女宅は家具が倒れるなど争った跡があったことから、県警は内田容疑者が少女を無理に連れ出したとみて調べている。