【動画】将棋の藤井七段、C級1組順位戦2回戦で、堀口七段に勝利=佐藤圭司撮影
[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太(そうた)七段(16)が2日午前11時23分、第78期名人戦・C級1組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の2回戦で、堀口一史座(かずしざ)七段(44)に47手で勝った。持ち時間が各6時間の順位戦で、午前中の終局は珍しい。

 先手はあらかじめ藤井七段と決まっていた。大阪市福島区の関西将棋会館で午前10時に始まった対局は、1時間23分後に終局した。6月18日に行われた1回戦に続き、2連勝となった藤井七段は終局後、「(順位戦は全10局で)まだまだ先は長いんですけど、これからも一局一局、全力を尽くして頑張っていきたい」と話した。

 正午から40分間の昼食休憩が設定されていて、藤井七段は出前で「他人丼と冷たいうどんのセット」を注文していたが、昼食休憩に入る前に対局が終わってしまった。記者に「昼食は食べられますか?」と尋ねられた藤井七段は破顔一笑。関係者によると、藤井七段は出前された昼食は食べず、記録係を務めた奨励会員に託したという。

 C級1組順位戦は来年3月までの長丁場。2018年度のC級1組で9勝1敗という好成績を挙げながら、その前の期の成績などに基づく「順位」の差で昇級を逃した藤井七段にとって、大切な対局が続く。

 藤井七段の次の順位戦の対局は8月6日。C級1組の3回戦で、金井恒太六段(33)と対戦する。

 日本将棋連盟によると、藤井七…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら