[PR]

 沖縄県沖縄市の「沖縄こどもの国」で27日、園内で飼育していたサルが脱走した。園によると14頭が逃げ出したといい、園は臨時閉園にしてサルの行方を追っている。

 午前10時すぎ、園内に「サルが脱走した」とのアナウンスが流れた。来園者は園内の建物に一時的に避難。その後午前11時ごろに、臨時閉園となった。

 園の関係者によると、逃げ出したのは、園内で飼育しているニホンザルの亜種ヤクシマザル(ヤクザル)。普段の飼育スペースが改修工事中で、別の場所で飼育していたという。

 午前11時までに2頭が捕獲されたが、他のサルは逃げており、警察や消防とともに追っている。けが人の情報は入っていない。

 園の職員は「こんなことは10年に一度あるかないかです」と話し、チケットの払い戻しや来園者への対応に追われていた。園の上空にはヘリコプターが飛んでいた。(藤原慎一)