[PR]

 日産自動車は27日、セレナなど7車種計49万1345台(2008年11月~18年9月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。ウィンカーなどに電気を分配する電子基板がショートして火が出るおそれがあるとしている。

 同省によると、これまでに4件の火災が確認されているという。対象となっている車のうち約31万台は17年12月にリコールしていたが、当時は十分に対策がとれていなかったという。(贄川俊