[PR]

 「体、開いている。猫背になっているよ」

 ノックする金属音、監督や選手のかけ声が響く長門のグラウンドに、少年野球用のヘルメットをかぶった女子生徒の姿があった。ティーバッティングでボールを投げていた3年生の女子マネジャー、吉光陽那さん。中学時代はソフトボール部で捕手。3年生のときには秋の県大会で3位に輝いた。

 「初めはみんなが楽しそうで、自分もやりたくて仕方なかった。でも、こういう野球のかかわり方もあるんだって。今は楽しい」

 小学生の頃から高校野球のファン。長門に進学後、選手の一人として野球部の門をたたいたが、男子選手との体格差によるけがや事故が心配されたことから、マネジャーとして入部した。

 抵抗はあった。我慢できず、全体練習後に仲のいい選手にお願いしてキャッチボールに付き合ってもらうこともあった。熱意が認められ、2年生からはノックの補助や、ティーバッティングの手伝いを斎藤真之監督から許されるようになった。

 もともと人見知りな性格。でも、自分がプレーしていない分、選手だった時には気付けなかった一人ひとりの動きがよく見えるようになった。「苦手なプレーを克服した仲間に自然と声を掛けていた。自分しかやれないことに気がついた」。以来、積極的に声を掛け続け、体調が優れない選手に気付けば監督やコーチに伝えた。バッティングのフォームを動画で撮り、LINEで共有することも。コマ送り機能があるため、自分の欠点や改善点に気付きやすいからだ。

 「選手がその時に欲しいと思っていること、掛けてほしい言葉を分かってくれている」と主将の城戸大樹君(3年)。斎藤監督も「グラウンド外の、普段の教室での様子も見ていてくれる。一番選手に近い存在」と認める。

 吉光さんは空港で航空機の誘導や貨物の積み下ろしなどを担うグランドハンドリングのスタッフを目指している。卒業後は専門学校に進学する予定で、今までのようには野球には関われないと覚悟している。

 今夏はベンチに入り、スコアラーを務めながら選手を見守る予定の吉光さん。

 「ヒットが出たり、点が入ったりした時は自分もプレーに参加しているように喜べた。最後の夏は悔いなく戦って、みんなで笑えるようにしたい」(藤牧幸一)