[PR]

 リニア中央新幹線をめぐり、静岡工区が未着工であることを問題視する発言がJR東海の金子慎社長や周辺県の知事らから相次いだことについて、島田市の染谷絹代市長は27日の定例会見で「大井川の水は一度損なわれれば取り返しがつかない。安易な妥協はできない」と述べ、流域自治体の立場に理解を求めた。

 染谷市長は工事が大井川の水量、水質などに重大な変化をもたらす可能性を指摘。「安全、利水、環境への配慮は、(土木工事で)最も基本的なこと。我々にとっては命の水。決してだだをこねているわけではない」と強調した。

 また、川勝平太知事がリニア建設促進期成同盟会への入会を申請したり、JRに補償を求める考えを示したりしたことについて「建設を進める団体に入るのはどうか。利水者は金銭補償ではなく、安心を求めている。真意を伺いたい」と話し、JRと知事の双方に慎重な対応を求めた。(阿久沢悦子)