[PR]

 他人のアドレスから節税対策のメールを送り、保証金名目で電子マネー利用権を詐取したとして、埼玉県警はウェブ制作会社代表の加藤寛匡(ひろただ)容疑者(36)=東京都新宿区=ら20~30代の男4人を詐欺容疑で逮捕し、27日発表した。県警は、加藤容疑者らが大手携帯電話会社を装った偽サイトに不特定多数を誘導してアドレスを書き込ませて不正取得し、詐欺に悪用した疑いがあるとみて調べている。

 サイバー犯罪対策課によると、4人は2017年11月~18年11月、京都府南丹市の女性(64)に対し、主婦であると装って複数回、「節税のため現金2900万円を受け取ってほしいが、保証金が必要だ」と他人のアドレスなどからメールを送り、電子マネーの利用権(206万円相当)をだまし取った疑いがある。認否は明らかにしていない。一部は今回の逮捕前の調べに「2年間で多い日は1日40万件のメールを送った」と述べていたという。

 県警は押収したパソコンの解析などから、4人が16年12月、大手携帯電話会社のロゴを使って実在するゲームアプリのキャンペーンに誘う「フィッシングサイト」を開設し、多数の利用者に携帯電話のメールアドレスとパスワードを入力させ、不正入手していた疑いがあるとみている。これらのアドレスを使い、17年3月~18年10月に少なくとも約5600万円相当をだまし取った疑いがあるとみて全容解明を進める。

 県警は、千葉市の女性(54)から同様の手口で電子マネー利用権25万円相当を詐取したとして4人を今月上旬に同容疑で逮捕。27日には、4人と共謀したとして住居、職業不詳の小泉優容疑者(36)を公開手配した。加藤容疑者とともに事件の主導役だったとみている。