[PR]

 28日に大阪市で始まる主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で、主要テーマの一つの環境分野をめぐっては、海に流出するプラスチックごみを2050年までにゼロにすることをめざす目標で合意する見通しになった。一方、気候変動では首脳宣言の表現が後退する恐れがある。初めて議長国を務める日本が、米国の意向を気にしながら調整を進めている。

 海洋プラごみでは、昨年の主要7カ国(G7)首脳会議で、日本は削減を促す国際憲章に米国に同調して署名せず、国内外から批判を浴びた。首脳宣言づくりを主導する日本は今回、まず米国に根回しし、すでに「50年に流出ゼロ」で同意を得ている模様だ。ほかの国・地域も基本的な方向性では一致しているという。

 ただ、プラごみ対策により熱心な欧州連合(EU)やカナダが、目標の年限を30年へと前倒しすることや、プラスチック自体の生産抑制を盛り込むよう求める可能性があり、最終調整を進めている。合意すれば「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」と名付ける。

 15~16日に長野県軽井沢町であったG20エネルギー・環境関係閣僚会議では、各国・地域の自主的な削減取り組みを定期的に報告、共有する国際的な枠組みの創設で合意した。一方、数値目標などは示されず、実効性をどう担保するかが課題として残っていた。

 日本はG20サミットで、各国…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら