写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 子どもたちの視力が年々、悪化しています。一方で、視力や眼鏡に関する誤解は根強くあるようです。近視の進行につながりかねず、専門家らは「正しく理解し、早めの対処を」と呼びかけています。

 文部科学省の学校保健統計調査によると、裸眼視力が1・0未満だった小学生は34・10%(2018年度)。1979年度の調査開始時からほぼ倍の割合で、過去最高だった=グラフ。0・3未満の子も9・28%いた。

 東京医科歯科大学の大野京子教授(眼科学)は、スマートフォンやゲームが近視の原因と立証した研究はまだないとしつつ、「文字が小さく、近い距離で光にも触れるため、目への過酷な刺激がある。強度の近視には遺伝的な要因と環境的な要因があるが、この極端な増え方は環境的なもの、なかでもスマホなどの機器が影響しているのでは」と話す。

 「膨大な労力がかかる研究結果を待つ間にも、子どもたちの視力悪化は進んでいる。私たち眼科医は、もう少し強く警鐘を鳴らさねばならないと思っています」。スマホよりはタブレット端末、さらにテレビのほうが、影響は小さいと考えられるという。

 学校保健統計調査では、眼鏡などで矯正していない小学生のうち、14・22%が視力0・7未満だった。0・7未満は、教室の真ん中より前の席にいても黒板の小さい文字があまり読めない度数とされる。

 静岡市の小学4年、大畑咲衣(…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら