[PR]

 「#KuToo」運動でヒールのある靴に注目が集まっています。合わない靴を履き続けると足のトラブルにつながることもあり、専門家は注意を呼びかけています。

 「外反母趾(がいはんぼし)にもやさしい」とうたう靴を扱う、東京・日比谷の靴店「fitfit 日比谷シャンテ店」。足の悩みを抱えた人が多く訪れる。神奈川県茅ケ崎市の女性(35)は「甲に厚みがなく、幅も狭い。小指が内側に変形する内反小趾(ないはんしょうし)もある」。パンプスは苦手だが、営業職に転職が決まり、履きやすいものを求めてやってきた。渡辺めぐみ店長は「合わない靴を我慢して履いている人が本当に多い」と話す。

 東京都足立区で靴の修理店を営む中村浩幸さんは、上級シューフィッターとして靴の販売員向けの研修にも取り組む。中村さんに、靴選びのポイントを挙げてもらった。

 まず、足と靴を横に並べて、形…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら