• アピタル

苦痛じゃないパンプスの選び方 足の悩み、早めのケアを

有料会員記事KuToo

栗田優美
[PR]

 「#KuToo」運動でヒールのある靴に注目が集まっています。合わない靴を履き続けると足のトラブルにつながることもあり、専門家は注意を呼びかけています。

 「外反母趾(がいはんぼし)にもやさしい」とうたう靴を扱う、東京・日比谷の靴店「fitfit 日比谷シャンテ店」。足の悩みを抱えた人が多く訪れる。神奈川県茅ケ崎市の女性(35)は「甲に厚みがなく、幅も狭い。小指が内側に変形する内反小趾(ないはんしょうし)もある」。パンプスは苦手だが、営業職に転職が決まり、履きやすいものを求めてやってきた。渡辺めぐみ店長は「合わない靴を我慢して履いている人が本当に多い」と話す。

 東京都足立区で靴の修理店を営む中村浩幸さんは、上級シューフィッターとして靴の販売員向けの研修にも取り組む。中村さんに、靴選びのポイントを挙げてもらった。

 まず、足と靴を横に並べて…

この記事は有料会員記事です。残り1367文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

ハイヒール強制 #KuTooが問う日常の性差別

ハイヒール強制 #KuTooが問う日常の性差別

ハイヒール着用をめぐる一連の動きから、日本の「性」を考えます。[記事一覧へ]