[PR]

 かんぽ生命保険が27日、保険の乗り換えで顧客が不利益を受けた恐れのある契約が少なくとも2万3900件あると発表した。契約件数偏重のノルマや、不適切な販売を防ぐ体制が不十分なことが背景にある。

 「局員は過剰なノルマで疲弊している。現場に無理を強いる構造が変わらない限り、同じことが起きるだろう」。関東地方の郵便局で保険販売などをする渉外担当の男性局員は、朝日新聞の取材に打ち明けた。

 男性が見せてくれたのは6月の「推進状況表」。かんぽの販売実績が郵便局ごとに記されたランキング表だ。年間目標に対する日々の「推進率」が示され、成績の悪い日は一目でわかるように赤字になっている。

 不適切な乗り換えの背景には、販売を委託される郵便局員が加入件数稼ぎを迫られたことがある。日本郵便は加入件数を重視した局員の評価体系をとっていた。不適切な販売が見つかり、今年4月に新規一辺倒を改め、契約の継続率を評価項目に加えた。ただ、現場では「販売量偏重の体系は残り、実質的にほとんど改善していない」(別の局員)との声もあがる。

 不適切な乗り換えを十分に防げ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら