[PR]

 警視庁は27日、万世橋署が恐喝などの疑いで24日に逮捕した20代の男性について、誤認逮捕だったと発表した。男性は約12時間半にわたり拘束されたという。同庁は男性に直接謝罪。26日に別の20代の男を同容疑で新たに逮捕した。「男性の顔写真が容疑者と似ているとの証言を重視し、必要な裏付け捜査を怠った」と説明している。

 刑事総務課によると、新たに逮捕された男は昨年12月、ひったくり事件で容疑者を取り押さえた際、通報で駆けつけた警察官に「犯人は見失った」とうそを伝える一方、この容疑者から現金17万円などを脅し取った疑いがあるという。

 その後うそが発覚。捜査で浮上した男性の顔写真について、ひったくり事件の容疑者と現場に駆けつけた警察官が男と似ていると証言し、同庁は24日朝、男性を逮捕した。男性は容疑を否認。当時男性が現場にいなかったことが確認され、同庁は同日夜に釈放した。