[PR]

ごはんラボ 蒸しナスの冷製

拡大する写真・図版蒸しナスの冷製=合田昌弘撮影

 夏野菜のシリーズ2回目は、ナス。幅広い料理に使える野菜ですが、さっぱりと食べたい時にぴったりなのが蒸しナスです。

 蒸す調理法は、たっぷりの水蒸気で食材を包み込んで加熱するので形崩れが少なく、水溶性のうまみや栄養成分も失われにくいといった利点があります。

 セイロや蒸し器がなくても大丈夫。ごはんラボの中国料理監修、吉田勝彦さんに、家庭にあるもので蒸す方法を教えてもらいます。

 用意するのはふたができる深めのフライパンか鍋と、その中に入る大きさの耐熱皿。アルミホイルをぴんと伸ばして皿を覆ったら、ホイル表面に穴を開けます。これで即席蒸し器の出来上がりです。

 ナスはできるだけ重ならないよう皿に並べ、ペーパータオルをかぶせるのがコツ。蒸している間にふたから水滴が落ちて水っぽくならないようにするためです。皮をむくことで口当たりも優しく、冷蔵庫で冷やすと、ひんやりおいしく食べられます。(山本奈朱香

監修・料理:吉田 勝彦

調理科学 :香西みどり

【材料(2人前)】

□ ナス 3本

□ おろしショウガ 小さじ1

□ 万能ネギ 1本

□ 酢 大さじ1

□ しょうゆ 大さじ1

□ ゴマ油 小さじ1/2

【道具】

□ 包丁とまな板

□ ピーラー

□ 鍋か深めのフライパン

□ 耐熱皿(鍋に入る大きさのもの)

□ アルミホイル

□ ペーパータオル 1枚

□ うちわ

【作り方】

①ナスは色が濃く、ハリがあるも…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら