[PR]

 県教育委員会は27日、横須賀市の県立岩戸養護学校で大半の生徒に給食を提供していないことを、県議会文教委員会で明らかにした。県立特別支援学校28校で給食がないのは、病院内の学校を除きほかになく、法律が定める努力義務に反している形だ。今後、対応を検討するという。鈴木秀志氏(公明党)の質問に答えた。

 岩戸養護学校は県内初の高等部のみの特別支援学校として2010年に開校。生徒数は152人(5月時点、知的障害142人、身体障害10人)で、知的障害部門は原則、横須賀、三浦、逗子市、横浜市金沢区、葉山町の生徒が通う。

 身体障害がある生徒には、冷凍…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら