[PR]

 千葉県市川市が市長と副市長の公用車に外車の電気自動車(EV)2台を導入することをめぐり、市議会は定例会最終日の27日、導入見直しを求める決議を賛成多数で可決した。村越祐民市長は閉会にあたり、「重く受け止めるが、施政方針に基づく適正な予算執行だ。今後も市民に説明したい」などと述べた。

 市が導入するのは、米電気自動車大手テスラのセダンとSUV(スポーツ用多目的車)の2台。うちSUV(車両価格約1100万円)は今月、一般競争入札を行い、8年間のリース契約の料金が月額13万2千円(税別)になった。現在の車種の2倍超だ。

 ただ、市は、テスラが挑戦的に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら