[PR]

 経営再建中の液晶パネル大手ジャパンディスプレイ(JDI)は28日未明、中国の大手投資会社ハーベストグループから522億円を出資する意向だと通知を受けたと発表した。ハーベストは出資額のうち1億ドル(約107億円)をJDIの主要顧客から提供を受けるとしている。この主要顧客は米アップルとみられ、調整が続いている。ハーベストから出資を受け入れる方向になり、再建に必要な金融支援は一歩前進した。

 一方、161億円の出資の受け入れに向けた交渉を続けている香港の投資ファンドのオアシス・マネジメントからは、27日までに出資を決めたとの通知が来なかったと発表した。JDIは、ハーベストやオアシスが27日までに出資に必要な手続きをとると説明していた。

 JDIは当初、ハーベストと台…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら