[PR]

 「被爆ピアノ」の演奏会を全国で開いている調律師、矢川光則さん(67)をモデルにした映画の撮影が、茨城県取手市内で行われた。被爆ピアノを使った寺のコンサートや、協賛する造園業者宅などでカメラを回した。7月下旬にクランクアップし、来夏に公開される予定だ。

 映画のタイトルは「おかあさんの被爆ピアノ」。矢川さんの活動に感銘を受けた五藤利弘監督(50)が脚本を書き、メガホンを取った。調律師役を俳優の佐野史郎さん(64)、ヒロインの大学生役をAKB48の武藤十夢(とむ)さん(24)が演じる。

 取手での撮影は、6月初めに2日間の日程で行われた。同市米ノ井にある国指定重要文化財・龍禅寺三仏堂(さんぶつどう)では、被爆ピアノを使った演奏会の模様を半日がかりで撮影。母が被爆ピアノを調律師に寄贈し、寺でそのコンサートが開かれることを知った大学生が聴きに行き、調理師に出会うシーンだ。寺の檀家(だんか)や近所の人ら20人以上が観客としてエキストラ出演。広島からトラックでピアノを運んだ矢川さんもロケを見守った。

 また、制作費の一部を出してい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら