[PR]

 「デフレ脱却」を目標に掲げる安倍政権。だが、実質賃金はわずかな物価上昇分もはね返せず伸び悩む。仕事帰りの一杯、足が向くのはやはり庶民価格の店だ。

 大阪伝統の味を看板に、2008年12月、東京・世田谷に1号店を出し、現在は海外2店舗も含め、約250店を展開する「串カツ田中」。東京都中央区のオフィスビル街に、同社の新人が研修しながら働く「小伝馬町研修センター店」がある。

 平日夜6時半ごろに訪ねると、60席ある店内はほぼ満席だった。「ハッピーアワー」と書かれたポスターが目を引く。平日夜6時まではハイボールやレモンサワーが1杯50円(税抜き)なのだ。

 近くの会社に勤めるという女性客(29)は「おいしい串カツで、安く飲めるのが魅力」。参院選について尋ねると、「えっ、そんなのあるんですか?」と驚いた表情。こっちも驚く。「ごめんなさい。政治にあまり関心なくて」と言ったきり、一緒に来た友人とのおしゃべりに夢中だった。

 プレミアムフライデーにちなん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら