[PR]

 神奈川県平塚市の海岸で両足の太ももから下がない女性の遺体が見つかった事件で、県警は28日、川崎市宮前区神木本町5丁目、会社員平(たいら)聖也容疑者(26)を死体遺棄容疑で逮捕し、発表した。遺体は平容疑者の妻で会社員の楓吹(ふぶき)さん(26)で、平容疑者は「スーツケースに入れて遺体を運んだ」と容疑を認めているという。

 捜査1課によると、司法解剖の結果、楓吹さんの死因は首を絞められたことによる窒息死とみられ、足は鋭利な刃物で切られていた。平容疑者は楓吹さんの殺害についてもほのめかし、「他人を見るような妻の目に耐えられなかった」と説明しているという。「妻の両足を切断した」と話しているといい、県警は平容疑者が自宅で楓吹さんを殺害し、遺体を切断したとみて、殺人や死体損壊容疑でも調べる方針。

 平容疑者は27日未明、楓吹さんの遺体を平塚市高浜台の海に遺棄した疑いがある。同日夜、川崎市の高津署に自首した。捜査関係者によると、「海までタクシーで行き、沖まで泳いで遺体を流した」と話しているという。