[PR]

 ミュージシャンのピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)=麻薬取締法違反(使用)罪で有罪判決=にコカインを渡したとして、同法違反(譲渡)罪に問われた無職田坂真樹被告(48)の判決が28日、東京地裁であった。楡井(にれい)英夫裁判官は「長年にわたる常習的な犯行だが、主な目的は有名芸能人との関係維持で、利欲的ではない」と述べ、懲役2年6カ月執行猶予4年(求刑・懲役2年6カ月)を言い渡した。

 判決によると、田坂被告は3月11日、横浜市内の駐車場で瀧被告にコカイン約6グラムを渡し、引き換えに15万円を受け取った。瀧被告は今月18日、懲役1年6カ月執行猶予3年の判決を受けた。(阿部峻介)