シリーズ:眠る

新たな薬が効果 ぜんそく発作への不安減る

有料会員記事

武田耕太
[PR]

患者を生きる・眠る「ぜんそく」(4)

 ぜんそくの発作に苦しんでいた神奈川県の坂本直美さん(75)は1998年ごろ、吸入薬のステロイドを使い始めた。顔が丸くなる「ムーンフェース」などの副作用が改善し、発作も減った。

 ただ、成人のぜんそくは重症化しやすい。医師からは「一生の付き合いになる」と言われていた。

 坂本さんは、一般的なぜんそ…

この記事は有料会員記事です。残り840文字有料会員になると続きをお読みいただけます。