[PR]

(28日、高校野球南北海道大会 鵡川7―3室蘭清水丘)

 室蘭地区では、北海道胆振東部地震で被災した北海道むかわ町の鵡川が初戦を突破した。

 鵡川は三回、内海陸主将(3年)の中前安打を皮切りに計5安打を放ち、4点を先制。四回には室蘭清水丘に3点を返されるも、六回の好機で内海主将が適時打を放った。八回にも2点を追加し、相手を突き放した。

 内海主将は「中盤の苦しい場面は、スタンドからの応援が力になった。震災後に応援してくれた町のために、次の試合も勝って代表の座をつかみたい」と話した。(遠藤美波)