[PR]

 朝日新聞社が実施した参院選序盤情勢調査をみると、自民、公明の両党は、改選議席の半数を上回った3年前の参院選の勢いを維持している。ただ、年金の「2千万円不足」問題や消費増税では政権の対応に否定的な意見が多い。勝敗の行方を左右する1人区では激戦も目立ち、今後情勢が大きく変わる可能性もある。

 自民は選挙区で、37議席を獲得した前回の2016年参院選を超える可能性が高そうだ。

 全体の動向を左右する32の1人区すべてで野党は統一候補を立てたが、自民は21勝11敗だった前回同様、多くの選挙区で優位にある。29勝2敗と大勝した13年に当選した議員のほとんどは、今回も立候補。西日本ではそうした現職が優勢の選挙区が多い。

 前回敗れた11選挙区でも、山…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら