[PR]

 犬や猫などを亡くして深い悲しみに襲われる「ペットロス」。飼い主のそんな思いに寄り添って人間同様に弔ったり、ありし日を語り合ったりするサービスが広がる。ペットも高齢化していて、飼い主が健康管理などにお金をかけるようになってきた。

 生花が飾られた祭壇を前に、住職がお経を唱える。「遺族」が見つめる先にあるのは、籐(とう)でできた小さめのひつぎ。犬の亡きがらが納められていて、式のあとに火葬される。

 大阪市の川田初美さん(56)は今春、生まれて14年になるメスのトイプードル犬「らんちゃん」を心不全で亡くした。一般的な葬儀と同じように弔った。

 家族同然だった。飲食店を切り…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら