[PR]

 大阪府警は28日、大阪で開かれている主要20カ国・地域(G20)首脳会議の警備の応援で大阪(伊丹)空港の警戒にあたっていた島根県警の20代の男性巡査が、実弾入りの拳銃などをトイレに置き忘れたと発表した。拳銃は直後に回収されたという。

 警備総務課によると、巡査は28日午後1時35分ごろ、大阪府池田市空港2丁目のビル内の男性用トイレの個室に拳銃や拳銃ケース、手錠などを置いたままトイレの外に出た。2分後、このビルの管理会社員が棚にある拳銃などに気づき、近くの警察官に申告し、置き忘れが判明したという。ビルは大阪空港に隣接し、島根県警の警察官らが待機場所にしていた。