[PR]

 大阪市で主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が始まった28日、会場近くではチベット、モンゴル、ウイグル人の活動家や支援者らが集会を開き、「中国政府は人権侵害をやめろ」と訴えた。

 亡命ウイグル人の民族運動リーダー、ラビア・カーディルさんは中国の習近平(シーチンピン)国家主席が参加するG20サミットに合わせ「ウイグルの現状を伝えるために来た」と語った。自分の家族を含め「多くの人たちが収容所に入れられ安否が分からない」と話した。

 中国政府がチベットで人々を抑圧していると訴えるツェリン・ドルジェさんは「G20サミットに集まったリーダーたちは中国の責任を追及するため行動してほしい」と呼びかけた。

■「G20と連結を」香港の人々…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら