[PR]

(29日、高校野球愛知大会 碧南7―0三谷水産)

 「最後の夏、船に乗っている5人にもう一度、野球をやらせたかった」。碧南に敗れた三谷水産のエース吉田蓮君(3年)は悔し涙を抑えきれなかった。

 県内唯一の水産高校。5人は海洋工学コースの3年生。5月から7月4日までの乗船実習のため、試合への出場がかなわなかった。

 5人の中には主将らレギュラー選手のほか、エースを争って切磋琢磨(せっさたくま)していた稲吉春希君(3年)もいた。吉田君は今春の大会直前の練習試合で顔に打球が当たってけがをして、稲吉君が春の大会を投げた。この夏の大会で初めて背番号「1」を付けた吉田君は、稲吉君と2人で投手をしたいと願っていた。「1回戦に勝てば、(稲吉君が実習から戻って)2回戦に出場できたのに、申し訳ない」と悔しがった。(連勝一郎)

     ◇

 この記事で、当初、「今春の練習試合で顔に打球を受けて投げられない日々が続いた投手」を、「稲吉春希君」としていましたが、「吉田蓮君」の誤りでした。吉田君の話で「稲吉君はようやくけがが治ったところだった」とあったのも、吉田君自身のことでした。記者が取材時に取り違えました。

 三谷水産は5人が5月から7月4日まで乗船実習中で、稲吉君はその一人です。吉田君は春の大会の直前にけがをして、稲吉君が春の大会で投げました。吉田君は今大会、稲吉君と2人で投手をしたいと願っていましたが、初戦突破はならず、「1回戦に勝てば、(稲吉君が実習から戻って)2回戦に出場できたのに、申し訳ない」と話しました。