[PR]

 森喜朗元首相は29日、G20サミットの会場でロシアのプーチン大統領と会談し、9月20日にあるラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開幕戦の招待状を渡したと明らかにした。森氏によると、プーチン氏は「できるだけ検討してみたい」と話し、訪日を検討する考えを示したという。

 開幕戦は東京スタジアム(東京都調布市)で行われ、日本とロシアが対戦する。森氏は、2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の会長として、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長とともにサミットのワーキングランチに出席。終了後、記者団に「長い間の友人のプーチン氏と話した。ぜひお越しくださいと招待状を渡した」と話した。

 森氏は日本ラグビー協会元会長で、W杯の日本招致に取り組んだ。