[PR]

 鹿児島県薩摩川内市で30日に不発弾処理作業が行われるため、JR九州は30日午前10時半から作業終了まで、九州新幹線熊本―鹿児島中央の運転を見合わせる。作業終了は午後0時半ごろの見込み。熊本―鹿児島中央の上下計8本が運休し、博多方面からの列車は熊本で折り返し運転となる。代替輸送は行わない。

 不発弾は、薩摩川内市内のマンション工事現場で4月に見つかった米国製500キロ爆弾。市は半径約300メートル以内を立ち入り禁止にし、避難対象の住民は約1100人。肥薩おれんじ鉄道の上川内―川内も運休する。