[PR]

 梅雨前線と低気圧の影響で29日は九州南部で大雨となり、JR指宿枕崎線、日南線は一時運転を見合わせた。30日も西日本を中心に広い範囲で雨が降る見込みで、気象庁は昨夏の西日本豪雨並みの大雨が降るおそれもあるとして、警戒を呼びかけている。

 29日午後10時40分現在の24時間降水量は、鹿児島県錦江町で211ミリ、同県日置市で188ミリ、宮崎県えびの市で175ミリなど。30日午後6時までに予想される24時間降水量は、多いところで九州北部で300ミリ、近畿と四国で200ミリ、北陸と東海で180ミリ、中国と九州南部で150ミリ。以降も雨が続く見通しで、1日午後6時までの24時間にはさらに最大300ミリの雨が降る可能性があるという。

 2年前の九州北部豪雨で大きな被害を受けた福岡県朝倉市は29日午後6時、杷木地域や朝倉地区などの約4300世帯約1万1千人に警戒レベル4と避難勧告を発令、市内10カ所に避難所を開設した。

 一方、沖縄気象台は29日、沖縄地方が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より6日遅く、昨年より6日遅い。