拡大する写真・図版 男子100メートルと200メートルで優勝して2冠を達成し、ピースサインを見せるサニブラウン・ハキーム=林敏行撮影

[PR]

(30日、陸上・日本選手権 男子200メートル決勝)

 コーナーを回って直線に出ると、前には誰もいなかった。サニブラウンは勝利を確信する。「よし、問題ない」。長い手を大きく振ってライバルたちを置き去りに。最後は歯を食いしばってゴールを駆け抜けた。

 雨がトラックを激しくたたき、向かい風の中でタイムは20秒35。20秒03の日本記録更新とはならなかったが、どんな条件でも勝ちきる強さを証明し、2年ぶり2度目の100メートルとの2冠達成だ。ただ、本人の喜びは控えめ。大会の最優秀選手にも選ばれたが、「やることをやっただけ。特別な思いはない」。さらりと言ってのけた。

 5キロ増えた体格や走る技術の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら