[PR]

 島根県隠岐の島町北東部の浄土ケ浦海岸に6月28日、ダイオウイカが漂着しているのが見つかった。生物に詳しい同町の野津大さん(75)が町役場布施支所の連絡を受けて確認し、撮影した。

 野津さんによると、見つかったダイオウイカは全長3・12メートル、最も長い触腕(しょくわん)と呼ばれる足だけで1・9メートルあった。推定体重は約100キロ。死後1日程度経った状態だったという。

 野津さんは「生物調査で長年、隠岐の海岸を歩いてきたが、ダイオウイカを見たのは初めて。隠岐では発見例も少なく、巨大な現物が見られて興奮した」と話した。(長田豊)