[PR]

(30日、プロ野球 ソフトバンク4―3日本ハム)

 1点負けていた六回、ソフトバンクの工藤監督は3失点していた松本を見切り、継投に出た。

 椎野、嘉弥真とつなぎ、七回2死一塁で日本ハムの4番中田を迎えると、力勝負のできる高橋純に交代。前日にプロ4年目で初勝利を挙げた右腕は見逃し三振に。八回に逆転すれば勝ちパターンのモイネロをつぎ込み、九回は新人の甲斐野が150キロを超える球を軸に無失点で締めた。

 均衡した試合の流れを相手に渡…

この記事は有料会員記事です。残り394文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り394文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り394文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも