[PR]

 韓国と北朝鮮の分断の象徴とされる板門店で30日、約60年前に朝鮮戦争を戦った米朝の首脳が初めて対話した。物々しい警備のなか、歴史的な瞬間は生中継され、世界に発信された。

 韓国と北朝鮮を隔てる軍事境界線上にある板門店。30日午後3時44分、韓国内外のテレビが生中継し、何人もの報道陣が待ち受けるなか、韓国側施設「自由の家」を出たトランプ氏が、北朝鮮の方向にゆっくりと歩き出した。

 板門店は、1953年に米国と中朝が朝鮮戦争の休戦協定を結んだ場所で、現在も米韓と北朝鮮の兵士がにらみ合う最前線だ。この日は警備の兵士に米朝の警護官らが加わっていた。

 トランプ氏が軍事境界線に近づくのに合わせ、北朝鮮側施設「板門閣」からも、正恩氏が歩いてきた。午後3時45分、2人は軍事境界線を挟んで握手。トランプ氏は、左手で正恩氏の右腕を2回軽くたたいて笑顔を見せた。

 トランプ氏「この線を越えてほしいですか」

 正恩氏「そうしていただければ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら