[PR]

(30日、高校野球北北海道大会 旭川北4―0留萌)

 旭川北のエース伊東佳希投手(3年)が15奪三振と力投し、チームを13年ぶりの北大会へと導いた。初戦の旭川南戦も17奪三振。「三振は意識していない」と言うものの、無四球と制球も抜群で、留萌打線に的を絞らせなかった。

 旭川北の校舎は北大会の会場となる旭川スタルヒン球場のすぐ隣。北大会期間中は、「授業中も打球の音が聞こえてきた。出場できないのが悔しかった」という。北大会出場を決め、「旭川大の持丸君や旭川明成打線と勝負したい」と笑顔を見せた。(井上潜)