[PR]

 根本匠厚生労働相は1日、東京都武蔵村山市の藤野勝市長と会い、エボラ出血熱などの危険性が高い5種類の感染症の病原体を海外から輸入する方針を伝えた。近く輸入を解禁する手続きに入り、同市の国立感染症研究所村山庁舎の施設で病原体を扱う。

 根本厚労相は面会で「不安を持っている住民もいることも承知している。施設の今後の運営の課題や要望をうかがって最終的に判断したい」と説明。藤野市長は根本厚労相に対し、施設周辺の安全対策の強化や施設運営の透明性の確保などを求めた。

 厚労省が輸入を決めたのは、感染症法で最も危険性が高い1類の感染症に指定されたエボラ出血熱、ラッサ熱、クリミア・コンゴ出血熱、マールブルグ病、南米出血熱のウイルス。発熱や出血を引き起こし、致死率が高い。

 1類感染症の病原体は感染症法…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら