[PR]

 通学中に電車内で盗撮をしている男を見つけて通報や追跡をしたとして、県警は31日、開智高校の女子生徒3人に感謝状を贈った。3人は「電車内のマナーや環境がより良くなれば」と口をそろえた。

 開智高校3年の森口小春さん、谷川怜愛(れあ)さん、楠井夏琳(かりん)さんの3人は4月中旬の朝、JR和歌山線の和歌山駅行きの電車に乗っていたところ、1~2メートルほど離れた位置に立っていた男がカメラのようなものが入ったバッグを女性のスカートの下に差し入れたのを目撃した。

 3人は「盗撮している」と話し合い、男が和歌山駅で降りると森口さんが交番に通報し、谷川さんと楠井さんが後を追った。駅を出た先で見失ったが、3人の目撃情報や防犯カメラの映像などをもとに和歌山東署が岩出市の50代の男を特定し、県迷惑防止条例違反の容疑で書類送検した。

 感謝状を受け取ると、谷川さんは「こんな賞状を受け取ったことがないので光栄」と喜び、森口さんは「自分のやったことが正しかったんだと思った」、楠井さんは「3人で勇気を出して良かった」と話した。(藤野隆晃)