[PR]

 中学生のいじめ自殺をテーマにした舞台「親の顔が見たい」が、22日から川崎市で公演される。いじめグループの保護者たちを演じるのは、現役の教員らだ。被害生徒の遺書をめぐる保護者と学校側の攻防劇に、演出家は「誰もが『我がこと』ととらえてほしい」と願いをこめる。

 「親の顔が見たい」は、劇作家で高校教師の畑沢聖悟さんが描いた対話劇で、2008年に初演された。私立女子中学校の生徒がいじめを受けて自殺し、遺書で名指しされた女子グループの保護者8人が、学校の会議室に集められる。校長や学年主任らを交えた話し合いの中で、事実が次々に明らかに。実は、いじめを主導していた生徒の親は……。

 今回の公演は、16年にこの劇を演出した経験がある長野県・軽井沢在住の演出家まんぼさん(40)が、「教師が親の立場を演じることで、多角的な見方ができるのではないか」と、演劇教育で知り合った教員らに声をかけて実現した。プロの俳優に加えて、20代から60代までの教員や元教員7人が出演している。

 稽古は3月末、全員でいじめについて議論することから始まった。

苦い思い糧に

 保護者の祖父役を演じる萩坂心一さん(61)は、元高校教諭。議論では、現役時代の苦い経験を思い出して「つらかった」という。

 高校2年のクラスを担任してい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら