[PR]

 乳幼児の肺炎の原因となるRSウイルスが流行しているとして福島県は31日、注意を呼びかけた。

 県地域医療課によると、28日までの1週間で県内50の小児科定点医療機関からの報告が前週の2倍(128件)になった。8日ごろから流行が始まり、今後も広まる恐れがあるという。

 RSウイルスの主な症状は発熱や鼻水だが、重症になると肺炎などを起こす。0~1歳児を中心に発症し、6カ月未満の乳児は特に注意が必要だという。

 感染者のせきや、ウイルスの付…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら