拡大する写真・図版 「三鷹事件」から一夜明けた現場。暴走した電車は通行人ら6人をはね、三鷹駅前の商店街に突っ込んだ=1949年7月16日

[PR]

 70年前の1949年夏、東京の旧国鉄・三鷹駅で無人電車が暴走して6人が死亡した「三鷹事件」の裁判をやり直す再審の扉は開かなかった。連合国軍総司令部(GHQ)が「反共」にかじを切り、国鉄職員らが大量解雇された時代。「国鉄三大ミステリー」と称される不可解な3事件が相次ぎ、時の政府は「共産党の仕業」と主張したが、多くの謎が残されたままだ。

 戦後に日本を占領したGHQは当初、民主化・非軍事化を進めた。しかし、朝鮮半島での米ソ対立が次第に鮮明となり、中国でも共産党の勢力が増すと、日本を「アジアにおける共産主義の防波堤」と位置づける路線に転換した。

 共産党は国内でも人気を集め、49年1月の衆院選では4議席から35議席に躍進。吉田茂内閣が復員で膨れあがった官公庁の人員を整理するため、国鉄を含めて28万人以上を解雇する行政機関職員定員法を同年5月に成立させると、共産党が率いた国鉄労組は一部列車を止めるストライキを実施。GHQが止め、緊張が強まった。

 7月に入り、労組に大量解雇を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら