[PR]

 新潟県燕市国上の国上寺(こくじょうじ)(山田光哲住職)が4月、本堂(市指定文化財)の周囲に裸の男性のイラストが描かれたパネルを取り付けたことを巡り、市教育委員会が設置を「不許可」とすることを決めた。数日中にも寺に正式に通知される。寺側は市教委に対し、撤去を拒否する姿勢を文書で示しているが、取材に対し今後の対応は「ノーコメント」としている。

 同寺広報によると、パネルは若い人にも参拝してもらいたいと、東京都の日本画家に依頼して作成し、4月19日から公開している。「イケメン官能絵巻」と題し、上杉謙信や源義経ら歴史上の人物などをキャラクター風に描いている。担当者は「参拝客が増えた実感がある。特に若い女性たちからは肯定的な意見を聞いている」と効果を語る。

 パネルは1枚につき数メートル四方で、本堂を取り囲むように十数枚が取り付けられ、なかには裸で入浴するシーンを描いたものもある。

 市教委は5月、地元紙の報道で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら